3ポイントラインを意識しない 中原 雄 バスケットボール鉄板技 超実戦テクニック レビュー

3ポイントラインを意識しない

バスケットボールでシュートを打つ時にカットされのは嫌ですよね。
ですが、中学生や高校生の練習や試合を見ていると、3ポイントラインを確認して打つという人が多いように思います。

 

 

カッコよく3ポイントを決めたいという気持ちはわからなくはありませんが、試合の最後の場面などで、絶対に3点を取らなければ時などの特別な場合を除いては、3ポイントラインは意識しないようにするべきです。

 

 

何故なら、一瞬下を向いたり、あるいはラインを踏んでいることに気づいて脚を引くという些細なことが、練習で身につけたシュートのリズムを崩して、ディフェンダーに対応する時間を与えてしまうことに繋がるからです。

 

 

何より、無理をしたシュートは入らないので、成功率は確実に落ちるでしょう。
重要なのは、2点か3点にこだわるのではなく、自分のリズムで打ったシュートが結果的に3点になったという感覚で打つことだと思います。

 

 

例え、無理した3ポイントが2本のうち1本入るよりも、リズムに乗ってカットされる隙も与えないでの2ポイントが2本とも決まるほうが、自分はもちろん、チームにとってもいい結果になるものです。

 

 

また、裏をかえせば、そういった選手は3ポイントラインを距離間の目印にしているので、あきらかにシューティング不足だと言えると思います。
目測で正確な距離感が掴めるようになるまで、しっかりシュート練習に取り組むようにしましょう。

 

関連ページ

シュートフォーム