シュートフォーム 中原 雄 バスケットボール鉄板技 超実戦テクニック レビュー

シュートフォーム

バスケットボールのシュート力を向上させるには、正しいフォームでより多くのシュートを打つことが上達の条件ですね。
そして、ボールを構えた時にシュートを打つ前に据える位置をシューティングポケットと呼ぶことがあります。この位置は、額の正面ではなく、利き腕側に少し寄っているのが基本です。

 

 

通常、シュートのリリースは利き手側の肩が支点となるため、真正面の額からボールを放つと、どうしてもボールを斜めに放つことになり、リングに対してずれて安定しないからです。

 

 

ですが、シューティングポケットをやや利き腕側に寄せることで、リングに向けて真っ直ぐに投げることが出来るようになるのです。
当然、その位置は個人差があって人それぞれですので、自分の最も打ちやすくて、真っ直ぐにボールが放てるポイントをみつけることが必要です。

 

 

そして、自分の最も適したポケットが見つかったら、それを習慣づけるようにしましょう。そして、どの高さに投げるようにするか、明確な目標を決めてボールコントロールを磨きましょう。

 

 

また、次第に段階を追って目標を高く設定していくようにすれば、正しいシュートフォームも身に付き、腕や手首の筋肉も鍛えられて強くなって行く筈です。

 

 

NBAプレーヤーも使っている秘密の上級テクニック!

 

中原 雄の中学生(高校生)に教えるバスケットボール鉄板技の詳細を見てみる